生命保険の受取人だからといって安心できず!遺言書!

生命保険の受取人がたとえ、奥様であるあなたに指定されいても
安心できません。

ご主人がなくなる前に、遺言書を書いて、
どこぞの、他の女性に全部を残す!なんて書いたとしたら、
そっちが優先されます。

怖いでしょ。
あまり受取人だからって、安心しないほうがいいですよ
posted by syuushinhoken at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

終身保険とは?

終身保険とは?


生命保険 終身保険

生命保険の基本型のひとつ、終身保険とは、保障が一生涯続く保険のことです。死亡したときのみ死亡保障が受け取れます。主に遺族の生活保障に利用されるほかに、長期間継続すると解約返戻金がだんだんと貯まっていきますので、老後の生活資金にも利用することができます。

生命保険料の払い込みは、一定年齢までに払い込みを満了する有期払いと、死亡時まで払い続ける終身払いや、加入したときに一括して払い込む一時払いなどいろいろなパターンが用意されています。払い込み満了時点で、そのまま保障を継続するか、解約返戻金と配当金を年金として受け取る、介護保険に変更するなどの選択が可能になります。夫婦二人を同時に保障する保険もあります

医療保険

医療保険


医療保険とは、あらかじめ定めた期間以上、病気、ケガによって、入院した場合に入院給付金がでます。また手術された場合には、手術給付金が支払われます。


また死亡した場合には、入院給付金日額の100倍の死亡保険金が支払われるものや、730日連続して給付金を受け取れるものなど、生命保険会社それぞれにいろいろ商品をだしてきていますから、よく比較検討して、決めてください。


保険期間は生命保険会社によって、いろいろですが、普通満期金のない掛け捨てのタイプが多いです。
posted by syuushinhoken at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

ガン保険

ガン保険


ガンと診断されて、あらかじめ定めた額の保険金が支払われる保険がガン保険です。外資系を中心に各社特色のある内容となっています。


ガン保険だけ入ることもできる生命保険がほとんどですが、普通に定期保険、終身保険を決めたときに、一緒に入ることが多いかもしれません。


また、一口にガン保険といっても、上皮内ガン(皮膚の上にできてもガンとみなされる会社もある)にはでるかでないかなど、かなり条件が違いますから、いろいろ生命保険会社からパンフレットを取り寄せて、比較検討してみましょう!
posted by syuushinhoken at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

介護保険

介護保険


介護保険では、あらかじめ定められた介護状態になって、その状態が一定期間継続したときに、定められた介護保険金が支払われます。支払い対象は商品によって、寝たきりになったときだけ、痴呆になた時だけ、寝たきりと痴呆両方。と3つのタイプに分かれます。

商品の内容は、生命保険会社によってそれぞれ違いますので、注意が必要です。よく生命保険会社の担当者にきいてから入るようにしてください。
posted by syuushinhoken at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

特定疾病終身保険

特定疾病終身保険


特定疾病終身保険では、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中にかかったら、死亡保険金と同額の特定疾病保険金が生存中に支払われます。この特定疾病保険金は課税されません。また支払われた段階で、保険契約は消滅です。

保険料は一般の保険よりかなり割高です。ガンの場合は、はじめてガンにかかったことの証明で足りますが、心筋梗塞、脳卒中の場合には、労働を制限する状態が60日以上継続することが必要となります。
posted by syuushinhoken at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

生命保険のこども保険

生命保険のこども保険


こども保険とは、子どもが小学校から大学まで入学時にお祝い金がもらえる保険です。また契約者である親が死亡したときには、それから先の保険料が免除されて、保障は続きます。

つまり親と子ども2人の死亡保障を担保している分、保険料のうち危険保険料の部分が大きくて、貯蓄性という意味ではちょっとお勧めできない保険です。
posted by syuushinhoken at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 生命保険の基礎

生命保険の貯蓄保険

貯蓄保険


養老保険の一種で、比較的短い期間の貯蓄を目的にした保険が貯蓄保険です。満期のときには、満期保険金が受け取れて、災害で死亡したときには、災害死亡保険金が受け取れて、病気で死亡したときには、払い込み保険料に応じた死亡保険金が受け取れます。

でも、もともとは貯蓄が目的なので、保障機能はあまり高くありません。
posted by syuushinhoken at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

生存給付金付定期保険

生存給付金付定期保険


生命保険期間の途中で、死亡したときには、死亡保険金が支払われて、3〜5年の一定期間ごとに生存給付金が受け取れる保険が、生存給付金付定期保険です。

定期保険に比べると、保険料は割高ですが、主に若い独身の人なら車の頭金にしたり、結婚資金にあてたりできます。加入にあたっては、生存給付金がもらえるかどうか確認してから入ることにしてください。
posted by syuushinhoken at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎

定期付養老保険

定期付養老保険


定期付養老保険とは、定期特約をつけて、保証を大きくした養老保険です。養老保険部分と、定期保険部分のの保証金額は、一定の範囲内で自由に組み合わせることが可能です。
posted by syuushinhoken at 05:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の基礎
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。